Little Boy’s Eyes 土岐英史


サックスとギター2本という、ほとんど前例を見ない編成でのアルバムだ。


リーダーの土岐英史(1950as,ss)は鈴木勲や日野皓正のグループで腕を磨き、1975に初リーダーアルバムを発表して以来30枚を超えるアルバムを制作している。また、19772011は山下達郎のツアーメンバーとしても活躍している。


今回は気心の知れた荻原亮と井上銘という2人のギタリストを呼び、「ギタリスト同士が遊んでいる中に混ぜてもらう」というイメージで制作した。事実2人は何を演るのかも知らないままスタジオに集合し、土岐が示した曲をどちらがテーマを弾くかジャンケンで決めてセッションを始めたという。


これが実に素晴らしい演奏を引き出した。2本のギターが交錯しながら自由に曲を形作っていき、そこに土岐のサックスが良い間合いで控えめに加わるのだが、どの曲も3人が楽しんでいるのがひしひしと伝わってくる。

そのため、このセッションにベースもドラムもいない事に何の不足感も感じない。


ライナーノーツのタイトルが「管理でなく統率、エンジンは愛情」とあるが、まさにこのアルバムのリーダー土岐のスタンスを表している。


また、ライナーを書いている平野氏が2018に創立したこのDays of Delightというレーベルは、日本のジャズのカッコよさを若い世代に届けたいというポリシーで意欲的な作品に取り組んでおり、音質もジャケットもハイレベルで要注目。


午後のハーブティーの香りを楽しみながら。


2020録音)

Copyright (C) 2018 A列車. All Rights Reserved.