Super Bass Ray Brown,John Clayton,Christian McBride


レイ・ブラウン(19262002)がリーダーのウッドベース3本による共演である。

ベースだけで曲になる?同じ音で飽きるんじゃないか?などと疑問符をもって聴いたが、とにかく楽しい。ライブという事もあり、ノリノリの演奏を聴かせてくれる。


短いテーマソングから、BlueMonkのソロ回しなどは「なるほど、そう来ますか」と納得。

真ん中にブラウン、左にクレイトン、右にマクブライドというポジションがはっきり分かり、数々の名プレイヤーを支え続けたブラウンの重低音、弟子のクレイトンの太い音のソロ、マクブライドの切れの良いメロディーラインなど、それぞれの特徴も出ていて臨場感がある。

途中でベース2本の曲やピアノトリオの曲もあるが、やはりベース3本の曲が楽しい。


自分達も気に入ったとみえて、2000年にも同じメンバーで同じテーマソングで始まるSuper Bass2を出しており、こっちもゴキゲン。


これはベースの重低音を楽しむアルバムなので、大型スピーカーで聴いてほしい。

飲みながら、合いの手を入れたりして。


1997録音)