Double Bass Niels Pedersen & Sam Jones


個性の異なる二人のベーシストの共演。軽快なメロディーを弾くペデルセン(19462005デンマーク)と重厚なベースラインを刻むサム・ジョーンズ(19241981 USA)が好対照をなしている。

ベース2本、ガットギター、ドラムスという珍しいアコースティックの編成だが、これがとても上手く絡み合って独特の世界観を生み出している。


ベーシストは普通、右手の人差指と中指の2本で弦を弾くが、ペデルセンは4本使って高速のベースラインを繰り出す。オリジナルアルバムの最終曲だったLittle Trainはペデルゼンのベースがまるでギターのようにメロディーを奏でる。


このアルバムが発売され、LPレコードで買ったのが梅雨時で、雨を見ながら毎日聴いていた。そのため、伴奏で入るガットギターの音が私には雨音に聞こえる。だから、これを聴きたくなるのは決まって雨の日。

音楽というのは、それを聴いていた頃の空気感まで思い出すから面白い。


曲に雨音が混じって聞こえる、薄暗い雨の日に。


1976録音)

Copyright (C) 2018 A列車. All Rights Reserved.