Norr TINGVALL TRIO


TINGVALL TRIOは、Martin Tingvall 1974生スウェーデン)がリーダーのピアノトリオで、ドイツで活躍し、GermanJazzAward の金賞も受賞している。

「珠玉のピアノ」という表現が似合う、キラキラとして透明感のある音色が魅力的だ。


タイトルのNorrはスウェーデン語で「北」という意味で、ジャケットは深い森の景色なので、北欧の神秘な森の雰囲気を感じるアルバムだ。


ジャケットの見開きに英語の詩がある

It is silent in the North.

Only the ocean is singing its song of loneliness.

And the trees are dancing.

北には静寂がある

海だけが孤独の歌を歌う

そして木々が踊る


ネットで調べても、このアルバムについての解説が見当たらないので、自分で曲名の単語(スウェーデン語)を拾ってみると、正確には分からないが、景色、子供、こうもり、トロールのダンス、怪物などがあり、森にまつわる物語を曲で表しているものと思われる。


ヨーロッパらしい美メロに加え、8ビートのリズム感はいかにもロック世代の若者のジャズだ。強いタッチのピアノと積極的に前に出て来るベース、激しいドラムスとの相性も抜群で、現代的なトリオ作品である。


最後の曲が終わった後、3分半ほど空白があってエンディングになるので要注意。ビートルズのアビーロードのような手法だが、空白があまりにも長いので、店ではこの曲はかけられない・・。


寒い日に、甘い酒でもチビチビやりながら。


2007録音)

Copyright (C) 2018 A列車. All Rights Reserved.