Dolce far niente … i nic wiecej Wlodzimierz Nahorny


ポーランドのピアニストウラジーミル・ナホルニー(1941生)は、ジャズとクラシックで多くの賞を受賞している。


これは「牛ジャケ」と呼ばれ、ヨーロッパジャズファンの間では有名なアルバムで、とぼけた牛と髭の親父(ナホルニー)のイラストがほほえましい。

ポーランドはショパンの出身地だけあって、さすがピアノは半端じゃないと話題になった。

重厚な音質で流れるようなメロディーラインをたたき出し、変幻自在に曲をつないでいく演奏は、いわゆるジャズというジャンルに収まらない、聴き応えのあるアルバムだ。


アルバムの邦題は「消えゆく思い出」となっているが、それらしい曲名も見当たらないので、どこから取ったタイトルなのかよく分からない。

イラストの牛がしゃべっているのはイタリア語で「Dolce far niente(何もしないことの歓び)」という格言。さすが昼食に2時間かけるというイタリアの価値観だ。日本人ももっとのんびり生きた方がいいのに・・・。


何も予定のない、晴天の休日に。


2000録音)

Copyright (C) 2018 A列車. All Rights Reserved.