top of page

Empty-Ty Tommaso Perazzo


トマソ・ペラッツォ(1996生イタリア)は高校音楽科からアムステルダム音楽院、そしてマンハッタン音楽学校を卒業したばかりの新進ピアニスト。

このアルバムは彼のオリジナル2曲の他、オーネット・コールマンの曲やスタンダードを演奏している。


アルバムの表面にはベースのDino Cerrutiの名前が先に書いてあるので、彼がリーダーなのかもしれないが、ライナーノーツが無いので不明。


繊細で美しいメロディーとキラキラしたピアノタッチが印象的で、特に表題曲Empty-Tyと、ナット・キング・コールも唄っているBlame it on my youthのバラード2曲が沁みる。

ライブ録音と書かれているが、観客の拍手等は入っていないので無観客かもしれない。太いベースの音と、澄んだピアノの音がきれいに録音されている。

美メロ系ピアノトリオファンにお薦めしたい。


クラフトジンのソーダ割りを楽しみながら。


2021録音)

Comentarios


bottom of page