top of page

Go Go Penguin Go Go Penguin


ゴーゴー・ペンギンは2009年イギリスのマンチェスターで結成された新世代ピアノ・トリオ。


最初に聴いた時は、クラブミュージックのようなビートラインはコンピューターの打ち込み?と思ったのだが、彼らはアコースティックでそれをやっているのだ。ライナーノーツによると、ビートのプログラミングなどをコンピューターで制作し、それを生で演奏し直すことにより、素の演奏では困難なタイミングや間を作り出しているのだという。

彼らは「自分たちはエレクトリック・バンドでもジャズ・バンドでもない」と言っているが、「踊れるジャズ」をアコースティック楽器でプレイするスタイルは、「アコースティック・エレクトロニカ・トリオ」と賞賛されている。


ピアノのクリス・イリングワースはマンチェスターのロイヤル・ノーザン・カレッジ・オブ・ミュージックでクラシックを学んでいることから、ラフマニノフやショパンなどの影響を受けていると述べているが、確かにジャズのノリではない正調的な旋律を弾いている。ドラムとベースの作り出す独特の変拍子のシンコペーションとメロディアスなピアノとのミスマッチ感が、不思議な浮遊感覚を生み出しており、これがこのトリオの魅力だ。

正直言って、一聴した時はフレーズの繰返しが多くて違和感があったが、何回か聴くうちに、この浮遊感がクセになってしまう、そんな不思議なバンドである。


ビール片手にリズムを踏んで。


2019録音)


彼らの演奏の様子はこちらから視聴を

Comments


bottom of page