Over Seas  Tommy Flanagan


Over Seasというタイトルなのに、ジャケットにはTOMMY FLANAGAN OVERとしか書いてない。あれっ?と思いよく見ると、下にたくさんのCの文字が。もしかしてCがたくさんで「シーズ」ってか!?と笑ってしまった。(真偽は不明)


トミー・フラナガン(1930~2001 USA)といえば、自分のアルバムよりもマイルス、ロリンズ、コルトレーンなど多くのミュージシャンとの共演で有名である。このアルバムはトミー名義での初めてのヒットアルバムであり、ハード・バップ・ピアノの超名盤と評価されている。

JJジョンソンバンドでヨーロッパツアーをしている途中、メンバーのうち3人でストックホルムで録音したということだ。(それでOver Seasなんだろうけど)


エルヴィン・ジョーンズの熱いドラムに煽られるように、トミーがバンバン弾きまくっていい味を出している。彼の代表作である「ECLYPSO」の初期の演奏が聞けて面白い。


ちなみに、マニアネタではあるが、このアルバムが、今はなきスウィングジャーナル誌の記念すべき第1回ゴールドディスクに選ばれている。


このアルバムには、白ワインに魚料理かな。


1957録音)


Copyright (C) 2018 A列車. All Rights Reserved.