People Time Stan Getz


スタン・ゲッツ(ts、1927~1991)が死の3か月前に行ったラストライブ、彼が最期に組んでいたケニー・バロン(p)とのデュオである。

がんを告知され、死期を悟ったゲッツの遺言のような演奏の記録だ。


ゲッツは若い時から、歌心あふれるメロディーに定評があり、このライブでも湧き出るような美しいソロを聴かせ、バロンのピアノが控えめに寄り添う。

ただ、バロンがソロを弾いている時にはゲッツは全く吹いていない。肝臓癌を患っていたため身体がかなり苦しくて、座って休んでいたようだ。


この7枚組コンプリート盤では、チャーリー・ヘイデン作曲の「First Song」が3回収録されており、特にDisk6の演奏がとても悲しい音色で凄味がある。原曲はヘイデンが妻のために書いたラブソングだが、ゲッツはこれが自分のラストソングだとでも言うように。


気難し屋でエゴイストだったり、人種差別を公言したり、麻薬欲しさに強盗事件を起こしたり、離婚して膨大な慰謝料を要求されたり・・生活面ではあまり評判が良くなかったテナーマンの、最期の輝きはあまりにも美しく、悲しい。


人としゃべりたくない、静かな夜に。


1991録音)


7枚組みのコンプリート盤は入手しづらくなっているが、2枚に編集された盤も出ている。


試聴はこちら(FirstSonghttps://www.youtube.com/watch?v=uyeG55zQeWw

Copyright (C) 2018 A列車. All Rights Reserved.